• HOME
  • 遺言
  • 遺言の有効性が争われるケース

遺言の有効性が争われるケース

_DSC7901 - コピー.jpgのサムネール画像
遺言の有効性が争われるケースとしては、ご家族が亡くなられた後、本当にそのご家族の考えで作成されたのか疑わしい遺言が後から出てくるような場合があります。
 
たとえば、Aさんのお父さんBさんは、晩年、認知症となり、Aさん夫婦が介護にあたってきましたが、Aさんの見分けすらつかないような状態となっていました。ところが、Bさんが亡くなった後、兄Cさんから、「実は父さんに遺言書を書いてもらっている」と言って、遺言書を渡してきました。

その遺言書には「財産は全てCに相続させる」と書かれていました。また、その遺言書の日付を見ると、すでにBさんが認知症となり、物事の判断ができなくなっていた日付が書かれていました。

 
あなたがAさんの立場だったら、どうされますか?
 
このようなケースでは、遺言の有効性が争われる場合が少なくありません。そこで、このような場合にAさんとしては、どのような主張をすることができるのかについてご説明いたします。

遺言の無効主張

遺言の有効性が認められる場合の対応(遺留分減殺請求)

遺言無効の主張方法

 

相続の基礎知識についてはこちらもご覧下さい

●遺言書を作成したい方 ●公正証書遺言を薦める理由 ●公正証書遺言の作成方法
●遺言の有効性が争われるケース ●遺言の無効主張 ●遺言の有効性が認められる場合の対応(遺留分減殺請求)
遺言無効の主張方法    

相続問題でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

ImgTop11.jpg
●HOME ●ご相談の流れ ●弁護士費用
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●事務所アクセス

仙台市の弁護士、官澤綜合法律事務所への法律相談のご予約 022-214-2424 ご相談受付 平日9:30~17:00

ご相談申し込みはこちら 詳しくはこちら

相談票ダウンロード

shintaku.png

遺言.png

google-indoor-view.png

  • 当事務所の特徴
  • 解決事例・お客様の声
  • 相続の流れ
  • 遺産分割でもめた場合
  • 遺留分と遺留分減殺請求
  • 特別受益と寄与分
  • 相続の基本
  • 事務所紹介
  • 事務所アクセス
  • 弁護士紹介

アクセスマップ 勾当台公園駅徒歩3分

当事務所の運営サイト

官澤綜合法律事務所

官澤綜合法律事務所 企業法務サイト

官澤綜合法律事務所 交通事故サイト

官澤綜合法律事務所 相続サイト