• HOME
  • 預金の使い込みが疑われる場合について

預金の使い込みが疑われる場合について

_DSC7851 - コピー.jpgのサムネール画像
「遺産である預金を誰かが使い込んでいる・・・」
「親の遺産はもっとあるはずなのに、こんなに少ないのは本当なのだろうか・・・」
「遺産分割協議が終わったあとに、預金の使い込みが発覚した・・・」
 
このようなお悩みをお抱えになられている方もいるのではないでしょうか。
 
当事務所には、相続に関する様々なご相談が寄せられますが、このような「預金の使い込み」に関するご相談を受けることもあります。このような預金の使い込みの疑いがある場合や、預金の使い込みが発覚した場合、泣き寝入りをしなければならないのでしょうか?
 
相続開始前の預金の不正出金や相続開始後の不正出金に対しては、「不当利得返還請求」や「不法行為に基づく損害賠償請求」を行うことができる場合があります。
 
「不当利得返還請求」や「不法行為に基づく損害賠償請求」には、それぞれ時効があるので、注意が必要です。また、預金の使い込みの問題をスムーズに解決していくためには、銀行の取引履歴の取得などの資料収集を速やかに行い、これを十分に精査することが重要です。
 
もし、預金の使い込みの疑いがある場合、使い込みが発覚した場合はすぐに弁護士に相談し、預金の使い込み問題に対して戦略的に対応していくことをおすすめします。
 

相続問題でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

ImgTop11.jpg
●HOME ●ご相談の流れ ●弁護士費用
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●事務所アクセス

仙台市の弁護士、官澤綜合法律事務所への法律相談のご予約 022-214-2424 ご相談受付 平日9:30~17:00

ご相談申し込みはこちら 詳しくはこちら

相談票ダウンロード

shintaku.png

遺言.png

google-indoor-view.png

  • 当事務所の特徴
  • 解決事例・お客様の声
  • 相続の流れ
  • 遺産分割でもめた場合
  • 遺留分と遺留分減殺請求
  • 特別受益と寄与分
  • 相続の基本
  • 事務所紹介
  • 事務所アクセス
  • 弁護士紹介

アクセスマップ 勾当台公園駅徒歩3分

当事務所の運営サイト

官澤綜合法律事務所

官澤綜合法律事務所 企業法務サイト

官澤綜合法律事務所 交通事故サイト

官澤綜合法律事務所 相続サイト