• HOME
  • 解決事例
  • 遺留分による争いを、事前の遺留分放棄や、遺言で遺留分相当の遺贈を行うことで防いだ事例

【解決事例】遺留分による争いを、事前の遺留分放棄や、遺言で遺留分相当の遺贈を行うことで防いだ事例

1 ご相談の背景 

仙台市に相当な不動産を所有している男性から遺言の相談を受けました。

先妻との間に3名の子をなしたが、先妻が死亡したために再婚し、後妻との間にも1名の子をなした。
後妻は、同居して両親の世話もよくしてくれたので、相続の際に苦労をかけたくない。
遺留分についての争いも起こらないようにして欲しいとの相談でした。
先妻の子のうち2名は生前に一定金額を渡すことにより遺留分を放棄してくれそうだが、1名は連絡も拒否しており遺留分の請求も行ないそう。

2 弁護士の対応

そこで、まず遺留分を放棄してくれそうな2名とは話合いの上、一定金額を代償金として生前に支払って遺留分を放棄する旨の覚書を締結し、家庭裁判所に遺留分放棄許可申立を行ない、許可する旨の審判を得て代償金を支払いました。

もう1名については、遺留分に相当する金額を概算で算出した上、その金額を多少上回るような財産を遺贈し、他は後妻と後妻との子に相続させる旨の遺言を作成しました。

3 結果

遺言を行った男性が亡くなった後、その遺言が執行されましたが、遺留分を放棄した2名は、もちろん何の異論もありません。
もう1名は、初めは遺留分の主張を行ってきたのですが、遺贈を受けた財産が遺留分を超えていることを丁寧に説明したところ、納得して遺留分の主張を取下げてもらえ、遺留分で揉めることもなく、相続の手続を終えることができました。

4 所感

他の相続人の遺留分にも配慮し、生前の遺留分放棄(家庭裁判所の許可が必要なことにご注意下さい。)と遺留分に見合った財産の遺贈を行う遺言を行ったことが、遺留分をめぐる争いを防ぐポイントでした。

(弁護士 官澤里美


 

当事務所で解決してきた事例の一部をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1  遺言に生前贈与を明記することにより遺留分減殺請求を封じ込めた事例
2  兄弟間で遺産分割の協議が整わないため遺産分割調停申立をしたBさんの事例
3  明治時代に設定された地上権設定登記について、抹消請求訴訟を提起して抹消した事例
4  相続人の中に海外在住の人や手続に非協力的な人がいるが早期解決が必要な遺産分割事件について、公証人による署名認証や調停に代わる審判の利用で早期解決できた事例
5  農地を含む多数の不動産を所有している高齢の父が、同居する長男である相談者にほとんどを相続させたいと考えているものの遺言は嫌いとの相談について、民事信託(いわゆる家族信託)を利用して解決した事例
6  被相続人死亡直前に払い戻された預金の返還を受けた事例
7  一箇所の土地を子どもたちに分けて相続させる遺言を行う際、事前に分筆登記を行うことにより、後で子どもたちが測量や共有物分割などでもめないようにできた事例。
8  内縁配偶者に対する相続人からの家の明け渡し請求を排除した事例
9  遺産分割審判で特別受益の主張が認められた事例
10  遺留分による争いを、事前の遺留分放棄や、遺言で遺留分相当の遺贈を行うことで防いだ事例
11  遺産分割調停で先祖伝来の不動産の所有権を取得した事例
12  誤って相続放棄をしたが,その後の交渉・調停で唯一の遺産である不動産全部を取得できた事例
13  遺産調査の結果新たな財産を発見したうえ,交渉で遺産分割協議を成立させた事例

timing_souzoku.png


相続問題でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

ImgTop11.jpg
●HOME ●ご相談の流れ ●弁護士費用
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●事務所アクセス

仙台市の弁護士、官澤綜合法律事務所への法律相談のご予約 022-214-2424 ご相談受付 平日9:30~17:00

ご相談申し込みはこちら 詳しくはこちら

相談票ダウンロード

shintaku.png

遺言.png

google-indoor-view.png

  • 当事務所の特徴
  • 解決事例・お客様の声
  • 相続の流れ
  • 遺産分割でもめた場合
  • 遺留分と遺留分減殺請求
  • 特別受益と寄与分
  • 相続の基本
  • 事務所紹介
  • 事務所アクセス
  • 弁護士紹介

アクセスマップ 勾当台公園駅徒歩3分

当事務所の運営サイト

官澤綜合法律事務所

官澤綜合法律事務所 企業法務サイト

官澤綜合法律事務所 交通事故サイト

官澤綜合法律事務所 相続サイト