【解決事例】異父きょうだいとの遺産分割事例

①背景

ご依頼者のきょうだいが亡くなったところ、きょうだいには妻子がなく、父母(直系尊属)は他界していたため、依頼者が相続人となりました。
きょうだいの後見人によれば、亡くなったきょうだいには、異父きょうだいがいるということが分かりましたが、その連絡先は分からず、不動産や預金が遺産として残されていましたが、相続の話し合いをすることができない状態でした。
そこで、ご依頼者は、当事務所に今後の対応についてのご相談に来所されました。
 

②弁護士の対応

当事務所では、まず相続人調査により相続人を確定させることとしました。
戸籍を遡って取得していくと、やはりご依頼者には異父きょうだいが一人いて、今も存命していることと現在の住所が分かりました。
早速、異父きょうだいにご依頼者の代理人として受任通知を送り、相続が発生している現在の状況について伝えたところ、遺産分割の方法について円満に協議が整ったため、遺産分割協議書を作成することができました。
その後、遺産分割協議書に基づき、不動産登記や預金の解約を行い、無事に相続手続を終えることができました。
 

③弁護士所感

本件のご依頼者は、幼いころにご両親が離婚されていたところ、ご両親がそれぞれ再婚されたために、自分の知らないところできょうだいが増えていたという状況になっていました。
きょうだいが増えていたとしても、相続が開始した際、亡くなった方の子や父母が存命している場合には問題にはなりません。
しかし、相続人が配偶者ときょうだい、またはきょうだいのみの場合には、会ったこともないけれども相続人となるきょうだいが存在するかもしれないということに気を付ける必要があります。
また、きょうだいが高齢である場合には、判断能力に不安があったり、すでに亡くなっていて代襲相続が発生していたりする場合があります。
相続問題に不安な点がある場合には、まず一度、弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。
(弁護士 渡部真莉奈)

当事務所で解決してきた事例の一部をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1  遺言に生前贈与を明記することにより遺留分侵害額請求を封じ込めた事例
2  兄弟間で遺産分割の協議が整わないため遺産分割調停申立をしたBさんの事例
3  明治時代に設定された地上権設定登記について、抹消請求訴訟を提起して抹消した事例
4  相続人の中に海外在住の人や手続に非協力的な人がいるが早期解決が必要な遺産分割事件について、公証人による署名認証や調停に代わる審判の利用で早期解決できた事例
5  農地を含む多数の不動産を所有している高齢の父が、同居する長男である相談者にほとんどを相続させたいと考えているものの遺言は嫌いとの相談について、民事信託(いわゆる家族信託)を利用して解決した事例
6  被相続人死亡直前に払い戻された預金の返還を受けた事例
7  一箇所の土地を子どもたちに分けて相続させる遺言を行う際、事前に分筆登記を行うことにより、後で子どもたちが測量や共有物分割などでもめないようにできた事例。
8  内縁配偶者に対する相続人からの家の明け渡し請求を排除した事例
9  遺産分割審判で特別受益の主張が認められた事例
10  遺留分による争いを、事前の遺留分放棄や、遺言で遺留分相当の遺贈を行うことで防いだ事例
11  遺産分割調停で先祖伝来の不動産の所有権を取得した事例
12  誤って相続放棄をしたが,その後の交渉・調停で唯一の遺産である不動産全部を取得できた事例
13  遺産調査の結果新たな財産を発見したうえ,交渉で遺産分割協議を成立させた事例
14  相手方の特別受益の主張を排斥し,ほぼ主張通りの内容で遺産分割協議を成立させた事例
15  異父きょうだいとの遺産分割事例
16  疎遠な共同相続人と円満に遺産分割協議をした事例
17  親の財産の使い込みを認めさせ、相応の解決金を受け取った事例
17  不動産を売却することによって、遺留分減殺請求を円満解決できた事案