宮城県仙台市の皆様の相続のお悩みを解決します。初回相談は無料です。

初回相談無料

022-214-2424

受付時間:9:30~17:00(平日)

遺言の有効性が争われるケース

遺言の有効性が争われるケースとしては、ご家族が亡くなられた後、本当にそのご家族の考えで作成されたのか疑わしい遺言が後から出てくるような場合があります。
 
たとえば、Aさんのお父さんBさんは、晩年、認知症となり、Aさん夫婦が介護にあたってきましたが、Aさんの見分けすらつかないような状態となっていました。ところが、Bさんが亡くなった後、兄Cさんから、「実は父さんに遺言書を書いてもらっている」と言って、遺言書を渡してきました。

その遺言書には「財産は全てCに相続させる」と書かれていました。また、その遺言書の日付を見ると、すでにBさんが認知症となり、物事の判断ができなくなっていた日付が書かれていました。

 
あなたがAさんの立場だったら、どうされますか?
 
このようなケースでは、遺言の有効性が争われる場合が少なくありません。そこで、このような場合にAさんとしては、どのような主張をすることができるのかについてご説明いたします。
PAGETOP PAGETOP